黄銅丸棒/カドミウムレス黄銅棒
Brass round rod

黄銅丸棒/カドミウムレス黄銅棒

当社の黄銅丸棒は、冷間引抜もしくは旋盤加工で仕上げることにより、寸法精度に特に優れ、太物には絶対の自信を持っています。2006年に試行されたRoHS指令に対応したカドミウムレス黄銅棒「カドミノンCNシリーズ」の製造も行なっています。材質は快削黄銅の他、鍛造用黄銅、ネーバル黄銅、高力黄銅の各種材質の製造が可能です。カドミノンシリーズには、カドミウム含有量75ppm以下、100ppm以下の2通りの製品があります。

黄銅丸棒

黄銅丸棒の種類

快削黄銅棒

JIS H3250 C3604BD・BF-F※
被削性に優れています。コネクター、フランジ、機械部品などに使用されます。
耐圧用や切削用など用途に合わせた製造が可能です。

鍛造用黄銅棒

JIS H3250 C3712BD・BF-F※
熱間鍛造性がよく、精密鍛造に適しています。機械部品などに使用されます。

JIS H3250 C3771BD・BF-F※
熱間鍛造性と被削性がよい材料です。バルブや機械部品などに使用されます。

ネーバル黄銅棒

JIS H3250 C4622BF-F※
JIS H3250 C4641BF-F※
耐食性、特に耐海水性のよい材料です。船舶用部品やシャフトなどに使用されます。

高力黄銅棒

JIS H3250 C6782BF-F※
強度が高く、熱間鍛造性や耐食性のよい材料です。
船舶用プロペラ軸やポンプ軸などに使用されます。

使用例

ステッパー半導体製造装置

ステッパー半導体製造装置

ステッパー(内部)

ステッパー(内部)


カドミウムレス黄銅棒

メカドミウムレス黄銅棒


当社では”RoHS指令”をクリアーするカドミウムレス黄銅棒(カドミノンCNシリーズ)の製造・販売を2005年6月より開始しております。
現在、このカドミノンCNシリーズ は従来製品の4品種にカドミウム含有量2種類(100ppm以下・75ppm以下)の計8タイプをご用意しております。

サイズは50~450φ超と幅広く、品種も快削黄銅、鍛造用黄銅、ネーバル黄銅、高力黄銅といった従来の黄銅棒に対応し た製造を行なっております。


"RoHS指令"とは?

EU(欧州連合)は2006年7月1日以降、電気・電子機器製品に使用される素材について、カドミウム含有量を0.01%(100ppm)以下に、鉛・水銀・六価クロムは0.1%(1000pppm)以下に抑制しなければEU圏内での販売を禁止することにした"RoHS指令"(ローズ指令:日本語訳「特定有害物質使用制限指令」)を発令しています。
※黄銅棒に関しては、鉛は当分の間4%(40000ppm)以下の抑制といった特例がついています。

カドミウムレス黄銅棒

カドミノンCNシリーズ 快削黄銅棒

CN34-100 Cd含有量:100ppm以下
CN34-75  Cd含有量:75ppm以下
被削性に優れる。ねじ、歯車、バルブ、カメラ部品など。耐圧用・切削用など用途に合わせた製造が可能です。

カドミノンCNシリーズ 鍛造用黄銅棒

CN37-100 Cd含有量:100ppm以下
熱間鍛造性がよく、精密鍛造に適しています。機械部品などに使用されます。

CN37-75  Cd含有量:75ppm以下
熱間鍛造性と被削性がよい。バルブ、機械部品などに使用されます。

カドミノンCNシリーズ ネーバル黄銅棒

CN40-100 Cd含有量:100ppm以下
CN40-75  Cd含有量:75ppm以下
耐食性、特に耐海水性がよい。船舶用部品やシャフトなどに使用されます。

カドミノンCNシリーズ 高力黄銅棒

CN60-100 Cd含有量:100ppm以下
CN60-75  Cd含有量:75ppm以下
強度が高く、熱間鍛造性や耐食性がよい。
船舶用プロペラ軸やポンプ軸などに使用されます。

品質管理

1原材料成分の管理

黄銅棒のカドミウム含有量をRoHS指令の規制値100ppm以下にするには、使用する原材料中(切粉、銅スクラップ、亜鉛他)のカドミウム量を制限する必要があります。購入した原材料の少量を溶かして分析用サンプルを作り、そのサンプルの表面を研磨して蛍光X線分析器にて他微量成分を分析しています。 当社では実際に原材料を使用する前に成分分析値を把握し、その分析結果を基にRoHS指令の要求する化学成分に合わない原料は使用しておりません。

2製造ラインでの管理

電気炉溶解後の分析結果で「カドミノン」の社内判定基準に合格した鋳造ビレットは、従来の一般鋳造ビレットと区別するために鋳造ビレットの端面に紫色の塗料を塗布します。
そして、各製造工程の作業終了毎に仕掛品の端面に紫色の塗料を塗布し、最終製品となるまで端面の紫色で識別管理を行っています。

3製品のカドミウム量の確認

微量のカドミウムの分析には蛍光X線分析器を用いて、カドミウムの含有量を分析、確認しています。
また、抜き取りで製品から採取したサンプルを原子吸光分析器を用いてカドミウムの含有量を再度分析し、カドミウム含有量の再確認、再チェックを実施しています。

4当社のカドミウム分析方法

蛍光X線分析:X線試料に照射し、試料から発生した蛍光X線を検出・分光して含有する元素分析を行う方法。
原子吸光分析:液体試料を霧状にして炎中に導入、光源の光を炎中にあて、分光器を経由して各金属固有の光の吸収量検知器で測定する方法。

取り扱い店

当社で製造・販売している黄銅棒は、業界ではいわゆる太物といわれるサイズです。
太物サイズは、需要家様が要求の長さに切断された黄銅棒を必要量のみその都度購入される調達方法が主流になっています。
当社は、在庫切断販売を業務とされる問屋様と相談、ご協力を得て国内の主要エリアでの問屋様によるカドミノン太物サイズの在庫切断販売が出揃うことになりました。

関東地区 横浜伸銅株式会社 神奈川県横浜市神奈川区神奈川2-10-15
TEL:045-461-0941
株式会社東新 東京都墨田区東向島3-12-1
TEL:03-3614-0600
甲信地区 諏訪金属株式会社 長野県諏訪郡下諏訪町10616-228
TEL:0266-28-3360
東海地区 水野金属商事株式会社 愛知県豊田市駒場町田戸51-1
TEL:0565-57-5311
関西地区 橋本産業株式会社 大阪府大阪市生野区知巽北2-3-5
TEL:06-6751-6424

各社様共、カドミウム75ppm以下の「カドミノンC3604」を在庫切断販売をしていただいております。
在庫切断販売のサイズ、価格、納期等につきましては、皆様方より各在庫切断販売問屋様の方へ直接お問合せくださるようお願い申しあげます。