マグネシウム合金 プレス品
Pressed works by magnesium alloys

マグネシウム合金プレス品

低炭素化社会の実現には、実用金属中で最も軽量・高比強度マグネシウム合金の利用が欠かせません。広く利用されるためには量産性の高いプレス機による3次元複雑形状を実現することが必要です。

当社製造のAZ61は高強度でメッキも可能であるなど表面処理性も良好で、熱間加工性も良好です。

マグネシウム合金AZ61製プレス成形品の優れた特長

  • AZ31と同等の深絞り成形が可能

  • 表面処理性が良好で、メッキ・塗装が可能

  • AZ61のLDR値は室温で1.4、250℃以上で
    2.0以上を示す

限界絞り比(AZ61薄板(t=1.0mm)のパンチR・プレス温度別)

板温度(℃)
内曲げR 250 300 350
R1 1.8 2.2 2.4
R3 2.0 2.3 2.6
R5 2.2 2.4 3.0

AZ61薄板を用いた加工例

丸形深絞り品
(1.0 ㎜厚の板材を使用)

左からパンチ R1 ㎜・R3 ㎜・R5 ㎜

角形深絞り品
(1.0 ㎜厚の板材を使用)

左からパンチ R1 ㎜・R3 ㎜・R5 ㎜


ニッケルクロムメッキ処理

携帯電話の筐体
(0.6 mmの板材を使用)
48 mm x 82 mm 外周部 R 2 mm
左から黒色クロムメッキ・金メッキ・クロムメッキ

陽極酸化・電着塗装処理

A4サイズのノートPCの筐体
(0.6 mmの板材を使用)
330 mm x 280 mm 外周部 R 3 mm