マグネシウム建材
Building Material from Magnesium

マグネシウム建材

AZX612(Ca2%含む)に塗装を施した素材で、2013年に国土交通省から建材として不燃認定を受けました。この材料は吊天井の周囲に取り付けられ、地震発生時等の崩落事故を防ぐ目的で使用されています。この建材は壁材など幅広い適応が今後期待されています。


建材に使用する為には、不燃認定が必須です。

当社ではお客先との連携により、積極的に認定取得活動に取り組む用意があります。 又、不燃認定を得ている合金による薄板ばかりでなく、厚板、鍛造材等の提供も可能です。 建材には、天井材ばかりでなく、床材、カバ-類等、各種寸法の製品が考えられ、幅広いご要求に対応する用意があります。

化学成分(%)

AZX

  • Al
    5.8 - 7.2
  • Zn
    0.4 - 1.5
  • Mn
    0.15 - 0.5
  • Cu
    ≦ 0.05
  • Si
    ≦ 0.1
  • Fe
    ≦ 0.005
  • Ni
    ≦ 0.005
  • Mg
    Bal
  • Ca
    AZX611=1.0%
    AZX612=2.0%

AZXの長所 (AZ31との比較)

  • 600℃に加熱しても燃焼しない。

  • 引張強度が高い。

  • 耐食性が優れている。

  • 様々な表面処理が可能である。

  • 組織の熱的安定性が良い。
    (焼鈍しても組織が大きくなりにくい)

AZXの製造範囲

板 厚 板 幅
鋳造板 2.0~4.0mm ≦630mm
圧延研磨板 0.5~3.0mm ≦600mm

AZXの機械的性質

圧延板 厚1.0mm

AZXの各種物性値

AZXの加工例

当社が開発した難燃性マグネシウム合金(AZ61+Ca)の薄板はAZ61、AZ31と同様に温間成形が可能であることが確認され、接合加工として溶接を施すことができます。さらに表面加工としてメッキ・塗装を施すことができます。当社では厚さ0.5mmから3.0mm、板幅600mm以下のAZX611、AZX612の圧延・研磨済みの板材を提供できます。

冷間曲げ

冷間曲げ

化成処理後、吹きつけ塗装

化成処理後、吹きつけ塗装


化成処理後、吹きつけ塗装 冷間曲げ

化成処理後、吹きつけ塗装 冷間曲げ