マグネシウム合金AZ61薄板
Magnesium alloy sheets

マグネシウム合金AZ61薄板

マグネシウム合金AZ61薄板

これまで 「展伸材といえば、AZ31」とマグネシウム業界では認識されてきましたが、現在当社では、独自に開発した双ロ-ル鋳造法(GTRC:Gonda Twin-Roll Casting)による鋳造と圧延・研磨加工を組み合わせて、AZ31に比較して優れた強度と耐食性を持ち、またプレス加工もできるAZ61薄板の生産を行っています。


AZ61の長所(AZ31との比較)

  • 引張強度が高い

  • 耐食性が優れている

  • さまざまな表面処理が可能

  • 組織の熱的安定性が良い
    (焼鈍しても組織が大きくなりにくい)

AZ61薄板の製造範囲(板材の寸法)

AZ61薄板の製造範囲
板 厚 板 幅
鋳造板 2.0~4.0mm ≦ 630mm
圧延研磨板 0.5~3.0mm ≦ 600mm

AZ61の化学成分(%)

  • Al
    5.8 - 7.2
  • Si
    ≦ 0.1
  • Zn
    0.4 - 1.5
  • Fe
    ≦ 0.005
  • Mn
    0.15 - 0.5
  • Ni
    ≦ 0.005
  • Cu
    ≦ 0.05
  • Mg
    Bal

AZ61の機械的性質

AZ61の機械的性質

AZ61圧延薄版は280?330MPaまで高強度化を計ることができます。

各種材質の塩水浸漬耐食性能

各種材質の圧延板を約3.4%の塩水に浸漬して所定時間経過後の表面状況を確認した結果です。AZ31より良好な耐食性を示します。

材質 1時間後 2時間後 3時間後
AZ31
AZ61
AZ91
耐食性能

AZ61薄板を用いた加工例

AZ61薄板はAZ31と同様に温間成形が可能であることが確認され、さらにメッキおよび溶接を施すことができます。当社では、厚さ0.5mmから3.0mm、板幅400mm・600mmのAZ61の圧延・研磨済みの板材を提供することができます。
以下に当社で製造したAZ61薄板を用いた加工例の一部を紹介いたします。

携帯電話のカバー

(0.6mm厚の板材を使用)

A4サイズの
ノートブック型PCカバー


ニッケルメッキ(銀)

0.6mm厚の板材を使用。AZ31では不可能とされていたニッケルメッキ も可能です。(密着性良好)

TIG溶接

アルミニウムと同等の溶接性能 。2.0mm厚の板材を使用


スポット溶接

アルミニウムと同等の溶接性能 。0.6mm厚の板材を使用

曲げ加工

温間プレスによる曲げ加工。2.0mm厚の板材を使用