ニュース
News

2017/01/24
軽金属学会 第131回秋期大会で講演しました。

<テーマセッション 難燃性マグネシウム合金展伸部材創製のための最新技術開発5>
テーマ 「難燃性マグネシウム合金圧延材のV曲げ試験条件が曲げ部の表面起伏及び
     結晶組織に及ぼす影響」
発表者 マグネシウム部 主任 伊藤 友美

テーマ 「AX81マグネシウム合金の圧延加工による高強度厚板材の作製」
発表者 マグネシウム部 福田 裕太

開催日
2016年11月5日(土)~11月6日(日)
開催場所
茨城大学 水戸キャンパス
共催
一般社団法人 軽金属学会、国立大学法人 茨城大学 工学部


2016年11月5日・6日の両日にわたり、茨城大学 水戸キャンパスにおいて軽金属学会第131回秋期大会が開催されました。
当社からは、伊藤と福田が国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業、「革新的新構造材料等研究開発」における研究成果を発表しました。
発表を行った「難燃性マグネシウム合金展伸部材創製のための最新技術開発」のテーマセッションは今回で5回目となり、塑性加工技術、接合技術、表面処理技術等について活発な議論が行われました。
(当社は同大会でポスター発表も行い、賞を受賞しました。こちらの記事も併せてご覧ください)

軽金属学会 第131回秋期大会(学会ホームページ)
http://www.jilm.or.jp/society/images/contents/156/131program.pdf

ニューストップにもどる